加工センター落成

 中標津地方卸売市場の加工センターの落成式がありました。
 このセンターは、中標津地方魚菜株式会社が、海外へ根室管内の魚等を加工して輸出を目指すために総務省の補助金を得て建設したものです。
 これまで二度申請して果たせず、最後ぎりぎりのところで決定を見たということで、この間会社幹部はもちろん道の経済部担当部署も粘り強く頑張った結果でした。
 生鮮品の鮮度を維持したまま輸送するために窒素氷の製造機械も取り入れ、これまでより遠くへも送ることが出来るようになるということです。
 輸出へはまだまだハードルがありますが、なんとか早く構想の実現が出来ればと思います。

コメントを残す