支庁制度改革検討

 午後から自民党支庁制度改革検討委員会幹事会があり、出札しました。2月4日に特別委員会で集中審議があり、質問に立つことになっているため、その内容検討を行うためのものです。支庁制度は100年の歴史を持っていますが、今回は主に道財政の逼迫を受けて、交通通信網の発達などの社会変化の中で道庁のスリム化を図るために再編しようとしているものです。反対すれば簡単ですが、道財政の現状を見ると、思い切ってやらなければ駄目だと私は思っています。しかし、支庁からいわば格下げになる設置市町村は猛烈に反対しており、自民党会派の中でも賛否両論があることで、慎重に進めなければならないことになっています。産業の連関や、新しい総合計画の連携地域などを基本に9総合振興局、5振興局に再編しようという案ですが、はっきりした必要性や、地域振興の行方が示し切れて居らず、そのあたりをしっかり質問してその結果で方向性を見いだしていこうとするものです。
 協議の後JRに乗って、明日の酪農畜産の現地調査のため、稚内に向かいました。

コメントを残す