酪農畜産対策運動

 21日にも決定される20年度の第4次酪農畜産政策要求運動が、今日から本番を迎えました。
 朝の自民党農林部会酪畜小委員会の会合を傍聴し、その後参議院会館の会議室での北海道連絡会議、自民党本部に戻って全国酪政連の会議に参加。午後からは小松議員と合流して、近藤農林部会長や、葉梨酪畜小委員長に自民党道連(道議会自民党)からの要望書を届け、道内選出の自民党議員に理解と支援を求めて歩きました。
 運動は大詰めになり、どこにどのような智恵と数字をはめ込むか、府県の飲用乳生産に対して、どのような支援策を加えるか等が焦点になって、自民党内での最終調整と、財務省の説得の段階に入ってきました。
 最後まで運動に当たっている団体の皆さんと、政治決着を計る道内選出の与党議員の皆さんとスクラムを組んで汗をかいて行きたいと思っています。

コメントを残す