雪と冬桜雑感

 しばれる北海道から東京に行って、赤坂見附を永田町に向かって歩いていると陸橋のそばに花が咲いていました。どうも桜のようだと根本を見ると、「冬桜」と書いてありました。冬桜とはいえ東京では桜の花が咲いており、中標津ではまだしばれて雪が舞っています。この気候の差、地下鉄網の発達した交通利便性の差、時間の流れの差など沢山の差が東京と北海道のはずれにはあります。勿論広い大地、きれいな空気と水、優しい人のつながりなど、都会にはないものも多くあります。経済格差はこのような差をうまく利用して、都会へ都会へと向かうように流されているのではと、この頃思ってしまいます。
DSC00117.JPG   DSC00118.JPG

冬桜と、東京の夜明け(円盤の乗っているのはTBS)

コメントを残す