消費生活相談体制

 今日は明日からの第一回定例会に出す予定の案件を各委員会に説明する前日委員会が開かれました。私の所属する環境生活委員会ではこの案件の他に北海道環境基本計画、に関しての報告、「北海道循環型社会形成の推進に関する条例」安全・安心どさんこ運動の実施に関する報告、第二次消費生活相談体制整備推進計画素案そして「北海道青少年健全育成基本計画」などの概要について説明があり、消費生活相談については、自民の東議員と民主の小林議員から廃止に向かっている、各支庁に配置している相談員をどうするのかや、市町村での相談機能をどう強化するのかなどについて質問がありました。北海道は行財政改革の一環として、この相談員の各支庁配置の中止を提案していましたが、受け皿となる市町村での相談機能が不十分とのことで、見送っていた経過があるものです。今回も、そのことと別に昨年の牛肉偽装事件や、農薬混入事件、一層巧妙化する詐欺事件など、消費者を取り巻く事件があまりにも多いと言うことで暫定的に続けることにしています。被害に遭う消費者がいなくなればそのような事件は起こらないので、みんなで情報を共有して未然に防ぎたいものです。

コメントを残す