ドクターヘリ

 今日から予算特別委員会の今年度予算や課題についての審議が始まりました。私は6番手で、保健福祉分野で、医師不足解消の見通し(全く立たないのですが)や、道外に流出する傾向にある研修生を北海道で研修して貰うための、指導医の養成、1次2次3次医療の役割分担、総合医の養成、自治体病院広域連携構想について等の他、急性期の患者を運ぶドクターヘリについてなどを質問しました。北海道、とりわけ根室管内は、人口当たりの医師数が、平均の半分、多くいる上川中部圏や、札幌圏の3分の1で、その格差は年々開いてきています。こんな所にこそドクターヘリは必要だと訴えましたが、検討委員会で調査検討しているところということで、慎重な答弁で終わりました。道路と、仕事と、医療のないところには人は住まない時代になっています。1日も早い解決をしなければなりません。

コメントを残す