500キロ

 政務調査があって浦河に寄るため自車で中標津から出ました。8時に出て着いたのが12時半。4時間半でしたが、距離の割には少し早くつきました。湿原道路や、十勝河口大橋など普段通らない道でしたが、車は多くなく走りやすい道でした。浦河では、役場を訪問し支庁制度についての忌憚ない話を聞かせて頂きました。内容については割愛しますが、かなり厳しい指摘がありました。以前から地元の道議からも聞いていましたので、気持ちは良く解りますが、一方で今の時期でなければ出来ないこともあり、どう皆さんの理解を得て進めるかの参考にして行きたいと思います。
 浦河町まで310キロそこから札幌まで180キロ併せて約500キロの走行でした。日高道の開通している門別からは、高速道路で一気に札幌に入るので、180キロの距離でも2時間半でした。こうした道路網の整備が、広い北海道の一体化にはやはり欠かせないと言うことも改めて実感した1日でした。

コメントを残す