後期高齢者医療制度

 4月から、75歳以上の高齢者の健康保険を分離するなど医療と医療保険の新たな制度が始まりましたが、高齢者の方々に十分周知されていない(その家族にも勿論ですが)為に、一部で不満や混乱が広がっています。聞かれた人には制度の目的や、実態を説明して、それなりに理解して貰っていますが、対面した人だけなので、多くの不満は残っているでしょう。
これまでの社会保険や国民健康保険から離れて新たな高齢者だけの保険制度を創設することや、その半分が国の予算から、4割が若い人達の保険から、そして残りの1割を高齢者の人達にも負担して貰うことになっている事なども殆ど伝わっていません。決して姥捨て山などではないのです。
 何かを改革する時には、十分理解して貰うための方策をしっかり立てて行わなければ誤解で制度が進まなくなる例ではないでしょうか。

コメントを残す