再議決

 3月末で期限切れとなった暫定税率に関する税法を再議決して、再び25円のガソリン税が復活することとなりました。テレビニュースではスタンドに並ぶガソリンを入れる車の列を映しています。値上げすることに不満の声も報道されており、国会では相変わらずテレビ受けするように民主党の若手議員が「ガソリン値上げ反対」などのプラカードを掲げて国会の開会阻止をしようとしています。
 4月1日から値下げされた価格は、昨年の同じ時期の価格でした。要するに、原油価格が急激に上がったから今日のような事態となったのであって、そうでなければこんなに暫定税率が論じられなかったと思えます。
 本当に国会で民主党の皆さんが論じて欲しいのは、投機資金によって国際的に高騰している原油や、穀物価格に対する国際的に協調した行動ではないでしょうか。
 突然自治体の財政に穴を空けることは、一時的に国民の支持を得たとしても、長い目で信頼を得ることにはなりません。必ず破綻を招くからです。
 この日誌をご覧の皆さんにもそのような視点で見て貰うように御願いしたいと思います。

コメントを残す