支庁制度改革

 予算特別委員会の、企画振興部に対する質問があり、議員として傍聴しました。質問は殆どが支庁制度に関するもので、必要なスタッフの配置や、財政的な配慮、人口移動の見通し、総合振興局の設置場所、地域との信頼関係、地方4団体との協議、振興局となる地域へのメリット、慎重論などについての考え等々について厳しい質問が続きました。まだ計画の細部が十分煮詰まっていないことや、説明できないことなどもあってか、明快な答弁が得られないことなどもありました。100年ぶりの改革とあって、納得できない地区も多く、波紋が広がっていますが、今できなければ何時出来るか、またこの改革がどのようなメリットを道民にもたらすのかなど、双方にまだまだ詰めていかなければならないことも多いと感じて聞いていました。今回の議会で決定できるかは非常に厳しい情勢のようです。

コメントを残す