安さの代償

 前にも同じタイトルで書いたような気がしますが、またまた中国発の危険な食品の話がマスコミをにぎわせています。今回は、乳製品に係わることで、見過ごすことは出来ません。余ったり不足したりを繰り返している日本の牛乳ですが、何でも安ければいいという消費者心理を利用して中国産を使うからこんな事になるのだと思ってしまいます。これまで何度このての、食の安全を脅かす中国産の食品に関するニュースがあったでしょうか。もうそろそろ安全も有料なんだと言うことを考えて、「地産地消」によるお金の地域循環効果を発揮してはいかがでしょうか。

コメントを残す