新総裁

 自民党の新総裁が決まりました。大方の予想通り、麻生氏が圧倒的な支持を得て当選しましたが、自民党員の一人一人が、この後行われる総理大臣の予備選挙に参加したようなものなので、この決定には何かしら思い入れがあります。かつての自民党なら、派閥力学の中で、みんなには解らないうちに決まったものでしたが、「自由・民主」を旗頭にしている政党として開かれた中での決定と言うことを評価したいと思います。総理大臣が二代続けて短期間で辞任したことに、マスコミは批判的ですが、ひややかに見たり、どうせ誰がやっても同じという国民には、それに相応しい内閣しか与えられないと言われることを考えると、こうして新しい期待の中で総裁を選べる事の方が、良いのではないかと思います。

コメントを残す