乳牛改良と日中友好

 今年の乳牛北海道一を決める、「北海道ホルスタインナショナルショーが」、今日から始まりました。私の出身の根室地域からも多くの牛が参加していますので、激励に行きましたが、来賓扱いで、4部の一等賞にリボンを授与するという名誉までいただきました。私の居る間に、3部と7部で根室管内の牛がトップになったほか、ベスト5までに入る牛が各部で出るなど、今年はかなりレベルの高い牛が出品されました。厳しい情勢の続く酪農ですが、こうして、牛を大事に飼育してその能力を発揮させるという基本は大いに学んで良いものです。
 午後早めに札幌へ戻り、18時からの、「中華人民共和国建国59周年記念レセプション」に参加しました。発展著しい中国で、今年のオリンピックとパラリンピックの成功で、また一段と成長したようにも思います。16億とも言われる人口と、日本の人口を上回る富裕層が存在する国ですから、今後北海道との交流を強めて、安全安心の食料品を売り込んでいけたらと思い、多くの方と名刺交換をしました。080927_1306~01.png
080927_1820~01.png

ホルスタインナショナルショーの様子と、日中友好協会で挨拶する釣部議長
080927_1909~01.jpg友好祝賀会で、「琵琶」の演奏をする雑伎団の方。

コメントを残す