定額給付金

 麻生総理が打ち出した定額給付金について、様々な議論が噴出しています。「あんなものムダだ」「選挙目当てのばらまきだ」「内需拡大にはならない」と、批判的な意見をよく聞きます。一方で年金生活者や、子供を持った親などからは、「早く貰いたいけどいつ頃、なんぼくらいもらえるのかな」と楽しみにしている声もききます。批判的な人も、自分にどの位当たるかをしっかり計算したりしています。
 要は2兆円という莫大な金額の出所と、事後の負担に対する心配や、どのような配布になるか見えていない不安などがあり、諸手をあげて賛成というわけにはいかないと言うことのようです。
 ある商工会では、この金額の一部でも良いから、プレミア付きの地域通貨に使わせてもらえたら、地域での消費促進と、5倍10倍の内需を起こせるのにと言う意見もあります。
  自民党内部での議論の前に麻生総理の一言で一人歩きしてしまっているのが混乱しているイメージを持たれているのだと、残念に思います。

コメントを残す