経済対策

 日銀が景気浮揚対策として市場投信信託の買い上げ額を3.3兆円から6兆円に引き上げると発表したが、金融市場ではこれが小さすぎると円高・株安に動いたと報道されている。
 なぜ追加金融対策をした結果でこのようになるのか理解できません。
 これまで何もしなくとも何とか持ちこたえていたのに、それを改善する目的の対策への失望感が一層日本経済を困窮させることになるのでしょうか。

コメントを残す