質問に立ちました。

 今日の予算特別委員会で、知事政策部と、総務部に質問に立ちました。
 知事政策部には、21年度に企画振興部と統合した「総合政策部」になることをふまえて、新設されてからの5年間の総括や、北海道経済への対応、支庁制度改革に果たした役割などの他、東京オリンピック誘致への協力や、競技力向上、ジュニア世代の育成、子供たちのスポーツ振興などについても質問しましたが、大人がスポーツを楽しむ雰囲気ができなければ、子供たちのスポーツ振興にもならないことを指摘しました。
 総務部には、総務業務一元化について質問しました。答弁では、道は一定の準備期間の後、「業務効率化センター(仮称)」に集約するという案を公表しました。私は、時期を明示して、早期に実現し、一層の効率化を進めるべきと指摘しました。
 このほか試験研究機関の独立行政法人化について、現場の研究者が懸念していることを中心に質問し、制度設計の中で生かしていくことの答弁を得ました。優秀な研究者を確保し、研究を進める体制を作ることが大切と思っています。

コメントを残す