またまた深夜議会

急に上程された「総合振興局設置条例改正案」についての本会議での質疑準備と言うことで、日中は殆ど進展が無く、会派内での態度を決めるための、期ごと会議や、その結果を持ち寄っての会派協議を繰り返した後、質問を執行理事者(道)に送り込むという作業で、日中の時間は終わりました。
 私は今回の改正は、昨年6月に議決したことの重みを踏みにじり、単に日程上の都合で簡単に議決しようとしているとしか思えず、今議会での議決には反対です。
 そのため、期限を切っての継続審議を求めましたが、少数意見と言うことで取り上げられませんでした。
 先の議決が、拙速な決定だったという「そしり」を受けながら、また同じことを繰り返すのは、愚策中の愚策と思います。このこと(継続審議として、慎重に議論を重ねるべき)に賛同しているのは、主として当該支庁の議員で、その他の議員は知事の提案してきたことを議決してやることが知事を守ることであるとか、先に延ばすことが、今後のこの条例の趣旨を実現することにプラスにはならないと言うことで、今年度中に賛成して議決しようとしています。
 本当にこんなことを繰り返していて良いのでしょうか。

コメントを残す