地域交通体系(特に航空)

 予算特別委員会総合政策部への質疑の中で、全日空の丘珠空港から千歳空港への道内路線の移転問題に続いて、HACへの日本航空の出資比率を減じて事実上の撤退をすることが明らかになったことを受けて北海道の航空交通体系はどうするのかという趣旨の質問がなされました。
 高速道路無料化や、ガソリン税の暫定加算分などが再び廃止され中距離移動にも車が使われることが多くなると、JRや、フェリーにまで響いてくることや、新幹線の札幌延伸もまた、多額の工事費がかかって財政厳しい北海道で果たしてやれるのかといった問題もあります。
 それもこれも全て、効率主義のせいと言えばそれまでですが人口や、経済活動の低さは、こうした視点では測れないものがあります。

コメントを残す