惜しまれながら

 故中川昭一氏を偲ぶ会が開かれ、本当に多くの方がお悔やみと献花に訪れていました。
生前活躍していた頃は、本当にとりつきにくい方だと思っていましたが、水についてのあらゆることをライフワーク研究していて、世界の将来について長期的な視点で考えていた人でもありました。
外国との交渉ごとでは、テーブルをひっくり返さんばかりの剣幕で、とかく交渉の弱い日本の政治家の中では、特異な存在でもありました。
そのお陰で今日まで、WTOなどから日本の農業を守ってくれもしました。
偉大だった父中川一郎氏の後継として国会議員となって、常に比較されながらの議員活動の中で、大きなプレッシャーを受けて、酒に頼ったのでしょうか。多分神経細やかだったのでしょう。惜しまれながらのご逝去となりました。
再生を期す<自民党にとっても大きな痛手です。
今はただご冥福をお祈りするばかりです。
DSC01758.JPG

コメントを残す