予算案決定

 国の予算案が閣議決定されました。これまで議論を生んでいたとおり財政や経済戦略をそっちのけにして、ひたすらマニフェストで掲げたばらまきを「コンクリートから人へ」「人に優しい、命を守る予算」と取り繕って説明しています。
 税収を大幅に超える国債発行や、特別会計から10兆円も引き出しての大盤振る舞い予算と言え、今後の日本の方向付けは何らされていないものと言えます。
 私が町を廻っている中で、子供手当ては給食費や教科書代など、はっきり使い道の分かるものに使った方が良い、と言う意見が多く聞かれます。
 お金をもらうことを当たり前にすると、人間は絶対堕落すると思っています。(継続している補助金もそうなっています)
 これ程膨らませた予算組をしながら「事業仕分けショー」に見られるように将来の戦略無しで、大衆に迎合した借金を将来に積み増すだけのものです。
 子供手当てや、高速道路無償化は次の年度に更に増額されなければならないはずで、無くなった埋蔵金の代わりは何で補うのか。
 経済の活性化策を打ち出さずに雇用はどう創出するのか。
 この予算は我が儘な国民を増やし、都市と地方の格差を拡大するものにしかならないものと言えます。

コメントを残す