観光客誘致

 午後、中国東北地方からの観光客誘致の打ち合わせに札幌からわざわざ来られた、瀋陽出身の趙宇さんと道内で観光のコーディネートをしている庄司さんと江本さんが来られ、一緒に瀋陽を訪問した皆さんとこれからの進め方について打ち合わせをしました。
 まずチャーター便を一回セットし、その後小規模グループの旅行で引き継ぐという案です。
 チャーター便の時期は、中国で一番長い休暇の取れる旧正月の時期(2月中旬)ですが、この時期は双方とも一番寒い、しかも雪のある時期なので、瀋陽から来る客は確保できるとして、こちらから行く(双方から飛行機に乗ると運賃を安くできる)人の確保が出来ないという問題が出ます。
 今後の計画次第ですが、この時期は日本に旅行者が殺到するので航空機の座席確保が出来ないこともあって、双方から利用できるチャーター便が有効と言うことです。
 発想の転換をして、こちらからは中国でも南の方の上海や杭州、蘇州などを訪問する案も検討に値すると言うことで、今後の打ち合わせをすることになりました。
 このほか、10月いっぱいで休止となる瀋陽便の継続のために、東京経由で行き来できる(買い物のため)日本国内の提携航空会社が必要なので、そのあたりに北海道として何らかの汗をかいてもらいたいと言うことなど、様々な話やアイデアを出し合いました。
 何とか実現にこぎ着けたいものと思っています。

コメントを残す