北海道自立の夢

 夜、「北海道大好き!」という方々と同席をする機会がありました。
 一人は気象予報士をしながら、独立して起業している人。
 また一人はかにの殻などからとれる「キトサン」を使ってナノ単位の細い管を作って、神経細胞をつなげる研究をした大学教授。
 もう一人は新種の副作用のない抗がん剤を発見した大学教授など、かなり高度な知識を持っている方々で、しかも北海道が大好きで、その成果を北海道の企業に活用して欲しいと願っている方々です。
 常々北海道が自立するためには世界と戦える技術と企業がなければならないと思っていたところでしたから、今ある企業に加えてこれらの研究結果を商品化していく企業が欲しいものです。
 また、目を広く東南アジアから世界までに広げると、様々なチャンスがあることも解りました。
 中国があのような態度に出ることが多くなるのであれば、周辺国とのつながりをもっと強めていって、包囲網を作るしか、大国の中国と対等に渡り合えはしないと思いながら、様々な話を楽しむひとときを過ごしました。

コメントを残す