追加金融政策

 日銀が、景気浮揚策の一つとしてさらなるマイナス金利を伴う金融緩和策を実施することになった。
 天下国家を論じる立場ではないが、今時2%の物価上昇を目標にするのが良いのだろうか。
 アベノミクス第一弾の金融緩和による円高是正とデフレ解消はある程度うまくいったように見えたが、物価上昇は目標どころかマイナスとなり再びデフレ圧力が強まっている。
 いくらじゃぶじゃぶお金を出しても、利益を上げた企業は将来のために内部留保に、少しばかり給与の上がった人は将来のために貯金に回してしまうので、一向に内需は上がらない。
 そのうえ、構造改革や競争原理導入と言って農業部門でも企業参入や大規模化を進め、コメは国による生産調整をやめ、牛乳はもっと自由な市場取引を求める勢力の言うことを聞いて生産安定のもとになる「指定団体制度」を抜本的見直しをするという。
 こんなアクセルとブレーキを一緒に踏むようなことで、2%の物価上昇と景気浮揚などできるわけがないのは、素人の私でもわかることなのに。

コメントを残す