豪栄道全勝優勝

 今日千秋楽の大相撲は、豪栄道が全勝で優勝しました。
 昨日の時点で優勝は決まっていましたが、今日大関同志の対戦を制し、全勝で優勝となりました。
 白鵬が居ないとは言え、他の横綱・大関を全て下しての優勝は評価に値します。
 このところモンゴル出身の力士の優勝が続いていて、日本の国技としては日本人の優勝と横綱への期待が高まっています。
 これまでも、琴奨菊や、稀勢の里がその期待を担った場所がありましたが、次の場所では期待を裏切ってきています。
 勢いだけでの優勝だったのかも知れませんが、優勝後の祝賀会の回数にに問題はないのか、検証してみる必要があります。

コメントを残す