意見交換

 今日は休会日ですので、政策審議会室では各部との意見交換が一日続きました。
 今回は、来年の統一地方選前の本格的に取り組める最後の議会(来年の一定は骨格予算となる)と言うことで、TPPや、HAC、北方領土問題、北海道局の存続など重要課題についての議論が活発に行われることが予想されます。
 どの問題も先延ばしすることなく的確に処理することが求められますが、今の民主党政権のように一歩遅れることがどれ程重大な結果となること言うことを意識して議論を詰めていかなければなりません。
 私たち政策審議会ではそのことを意識しながら、代表質問に向けて各部と激しい議論を繰り広げています。
 このことで、議場での質疑は淡々としたものになってしまいますが、徹底して前向きの答弁を引き出すためにはやむを得ないものと思っています。

コメントを残す