中央要請

 教育振興議員連盟役員として、北海道私立中・高協会役員の皆さんと、高校等私立学校の耐震化支援の中央要請に行ってきました。
 相手方は、財務省の木原副大臣、義家文部科学副大臣、前川文部科学事務次官、吉川北海道代議士会長ほか北海道選出の与党代議士の皆さんでした。
 北海道の学校耐震化は、他府県に比べて公立・私立を問わず遅れていて、特に私立学校は全国でも45番目という低さにあります。
 この原因は、補助率が3分の1と低いことに加えて、少子化による生徒数の減少で経営が苦しくなっている学校が多いことにもあります。
 子供の命に公私の差別があるわけでもなく、今後道による上乗せ補助の要請も行っていくつもりです。

コメントを残す