東京電力とは?

 必死になって原発の暴走を防ぐ工事をしている現場作業員が被爆したとの報道に唖然としました。
 外気からの被爆は、170ミリシーベルトと、急遽引き上げられた基準値以下とは言え、地下にたまった15センチほどの水が靴の中に入って皮膚被爆をしたという信じられないミスです。
 放射線値を事前に図っていなかったことと合わせ、あまりにも初歩的なミスは、何を物語るのでしょうか。
 あれほど大量の水をかけているのですから、水が溜まっており、その水が放射性物質を含んでいることぐらい推定できないほど現場は混乱しているのでしょうか。
 機能停止している多くの機器を1分でも早く復旧しようと焦る気持ちは現場に大きいプレッシャーをかけているのでしょうが、こうしたことが起こる度に作業が中止され、遅れていくことを考えて頑張って欲しいものです。

コメントを残す