大学同窓会

 卒業してから40年を過ぎた北大農学部畜産学科の同期卒業生同窓会に参加しました。
 
 もうみんな60才を超えて数年と言うことで、すでに退職して悠々自適の生活に入った者、系列会社に移って責任者として働いている者、まだ第一線で頑張っている者と様々ですが、業種の違うところで永年過ごしてきた仲間は、例えばTPPのような、経済界と農業界で意見の分かれている問題などはその考え方も様々で、大いに参考になります。
 農業側からの考えも充分伝えられ、また輸出入に関わってきた商社マン側の考えもよく聞くことが出来ました。これは決して農業だけの問題ではなく、社会のあり方そのものの問題だと言うことも確認することが出来ました。
 こうした意見交換が十分出来ていないことが、今の政府が進めている中での最大の問題ではないでしょうか。

コメントを残す