総括

 今年もいよいよ御用納めの日となりました。
 今日も管内で、年末にあたってお礼の挨拶回りをしました。
 管内の様子は、景気の良かった時代に比べると良いとは言えませんが、全体としてはまだ活気のある方ではないかというのが実感です。
 これも、漁業が秋鮭やホタテの値段が良かったこと、酪農は増産体制に入りきらなかったとは言え、安定して大きな変動がなかったことなどがその要因だと思います。
 基幹産業を大事に伸ばしながら物作り産業育成をする事が、今後の地域で最も大事なことになると信じて言います。

コメントを残す