事務所

 中標津にある私の事務所にいると、様々な方が訪れます。
 世間話や、挨拶や、相談、依頼、本当にいろいろです。
 こうして人が出入りすることによって、今の地域のことが良く分かるものです。
 勿論私の方から出かけていくことも多いのですが、こうした人々との関わりは私にとって全て政務調査になって居ると思っていますが、オンブズマンとか言う方は認めようとはしません。
 議員活動のために公費を支給されているはずの政務調査費にいちいち領収書と活動記録を求め、その整理のために多大な時間を使わなければならない時、「議員の身分とは」と言うことも考えます。
 一体私達は何の役に立っていると思われているのかと思うこともあります。
 政務調査費にいちいち訴訟を起こされるとき、こんなに自分の生活も家族も打ち込んでいながら、本当に感謝されているのかと・・・。
 おおらかさを無くした世の中がどんなに住みにくいものになるか、将来に心配を感じます。

コメントを残す