憲法判断

 最高裁から、2010年の参議院選挙が、5倍を超える格差があり、違憲との判決がされました。
 確かに5倍という格差は大きすぎると思いますので、判決に異論を唱えるつもりはありませんが、今解散に向かって是正しなければならない衆議院選挙の一票の格差解消もそのあり方についての議論が始められています。
 憲法で、公平の原則が補償されているのですが、今まで人口の都市への集中が進んできた結果、定数の修正がそのスピードに追いつかず、結果的に格差が広がってしまっています。
 人口減でどんどん元気のなくなっていく地方から見ると、様々な生活上の格差は何処で保障するのか、一票の格差と一緒に論じて欲しいものです。

コメントを残す