やめるのやめるのやめた

 早口言葉ではありません。
 鳩山さんのことです。
 結局次の選挙には出ないと言ったそうです。
 民主党が公認の条件として、党議に従うことという署名を求めたことに反発してのことと言うことです。
 追い込まれて初めてまともな意地を見せたようにも思いますが、常に理想論で動いてきたこの人としては、次の選挙にはどんな理想を持って居たのでしょうか。
 そして、この理想が、庶民感覚とどれ程かけ離れていたかを感じているのでしょうか。
 あの方にはあの方の見識というものがあるのでしょうが、庶民感覚との間には埋められないギャップもあったことに気がついたのかも知れません。
 もう一つ「やめる」を付け加えないことを祈ります。

コメントを残す