マスコミの責任

 常に権力に対して批判的に立ち向かうのがマスコミ、とは言いながら、最近の世論操作は目に余るものがありはしないでしょうか。
 民主党をこき下ろし、そのミスで次の総選挙では自民党が政権復帰しそうとなると、とたんに安倍総裁の出した政権公約や、安倍総裁自身までも批判的に書く有様です。(一部北海道の新聞だけでしょうか?)
 曰く、「右寄りだ」「首相になったつもりで・・・」「お札をどんどん刷るなんて・・・」読者の気を紛らすために書いているとしか思えません。
 人材に問題があることもありますが、針小棒大に書くことで、これまで一体どれだけの閣僚が交代させられたでしょうか。
 この国を駄目にした張本人は、マスコミではとさえ思いたくなってしまいます。
 ペンは剣より強しです。
 使い方を間違うと間違った方向に国を導いてしまいます。心して下さい。

コメントを残す