国防軍

 一般質問最終日で、明日からは選挙対応のために休会となるため、自民党会派では昼食会を開き(単なるカツ弁当でしたが)一部で話題になっている「国防軍」についての説明がありました。
 自民党が政権公約として示しているうちの憲法改正案の中に、戦争放棄を唱った第2条の二項に国防軍という言葉を入れていることが、戦争に向かっていく姿勢ではないかと、内外から疑念を持たれているものです。
 然し、この憲法第2条での第一項は紛争解決の手段としての戦争放棄と、文民統制はそのまま残していること、現行法では、非常事態に対応できないため、憲法でその規定をして法整備をしなければならないこと、等の説明がありました。
 私は自衛軍という言い方の方が良いのではと思いますが、有事の際に命をかけて守る為の法整備は必要と以前から思っていました。
 いずれにしても憲法改正論議の中でもう一度議論されることで、平和主義は堅持すべきと思っています。

コメントを残す