クテクンさかえクラブ

 今日、生まれ育った「武佐」の老人クラブ「クテクンさかえクラブ」の設立50周年記念式典と祝賀会が開かれました。
 中標津町では最も早く市街地が形成され、大正から昭和の初めには奥根室の中心市街地と言うことで「中央市街」と武佐の名称を使わなかったくらいです。
 今このクラブに参加している人達はこの時代に生まれ育った人達です。
 50年前の設立時には私の祖母も会員として参加し、その後両親もお世話になったクラブです。
 今はその市街も中標津に移り面影もなくなりましたが、「武佐岳」とその麓を流れる「クテクン川」は悠久に存在し、そこでの農業の営みも永久に続くと思っています。
DSC01418.JPG
DSC01422.JPG

お祝いに駆けつけた牛神太鼓の演奏に聴き入る会員の皆さん

コメントを残す