新政権発足

 新政権が発足しました。期待と不安と、冷ややかな、市民といわれる人達の声が放映されています。
 「過去の自民党とどう違うか、人が大して変わっていないではないか』とも言われていますが、確実に今目前の課題を解決するには、それだけの実力を蓄えた人材が必要なのです。
 『国民は、その程度にあった政府しか持てない』といわれます。
 国民の政治についての意識が、政府の意識となります。
 冷ややかに見て、要求するだけではそれに応じた政府となってしまうでしょう。
 先ずはみんながどんなときにも選挙に参加することから始めなければならないでしょう。

コメントを残す