一休みか?

 年末から続いて居た寒波は、ようやく一服したのか、マイナス15度を切る最低気温となり、牛舎内の通路に凍り付いていた牛糞がようやくはがすことが出来るようになりました。
 何よりも、1日2回給与の餌が、次に与えるまでにシャリシャリに凍ってしまって採食量が落ちていたものが、解消されて来たのが牛にとっては嬉しいことです。
 (結果乳量が増えるので、飼い主はなお嬉しいのですが)
 大寒が過ぎたところですから、寒だめしの予報がどうなるかも気になるところです。
 民主党政権ですっかり後退した、景気対策が奏功して経済にも春が来るのが待ち遠しいですね。

コメントを残す