大丈夫かJR北海道

 列車故障(火災?)が続いて居るJRが、また脱線事故を起こし、復旧の目処が立っていないとのこと。
 お盆の帰省客に大きな影響が出ています。
 今回の事故は、降り続く大雨の影響で、線路の路盤が崩壊していたことと、倒れてきていた木に乗り上げての事故で、JR貨物の列車ではありましたが、列車運行は当分できないことになります。
 まさに泣き面に蜂状態です。国鉄から分割民営化に進む中で、大幅な人員削減のため、退職不補充によって、今中核をなす年代の技術者が足りないと言うこともあるようで、一人JRのみのこととは思えません。

コメントを残す