自衛隊と敬老会

 今日の行事予定は全て午前11時から。
 陸上自衛隊標津分屯地の56周年記念行事に出席しましたが、開始30分ぐらい前に雨が降り出し、「これは?」と思いきや、全ての屋外行事が終わる11時45分まで、見事に持ちこたえて無事終了。
 この分屯地は、三〇二沿岸監視隊とも言い、昭和32年東西冷戦の深刻化と、ロシア沿岸警備隊による漁船拿捕事件が頻発する中、この北方領土隣接地である標津町と、羅臼町に沿岸監視目的で自衛隊が配備されたものです。
 この分屯地でも、町の行事に幹部・隊員揃って参加協力し、常に住民と共にあるという自衛隊のあり方を実践しています。

 そのほかの行事は、今日が敬老の日であることから全て「敬老会」。
 自衛隊行事終了後でしたので、参加できたのは出身地「武佐地区」の敬老会だけでした。
vcm_s_kf_m160_160x89.jpg

コメントを残す