ああJR北海道

 またJR北海道で脱線事故。
一体どこまでこの状況が続くのか?
こんな新聞の見出しのようなことを書くのは不本意ですが、それ程JR北海道はひどい状況にあります。
この場を抜け出せるのはJR自身しかないと思うので、出るだけの膿を出す必要はあると思います。
行き過ぎた合理化のせいか、それとも国鉄時代の独占企業体質が残っているせいかと思うとき、北電や、北海道庁に思いを至らせるとふと不安がよぎってきます。
大企業が社員の隅々にまで企業理念を行き渡らせて、一つの目的に向かうことが出来なければ企業業績ははかばかしくなくなると言われている事を、しっかりと忘れないようにしなければならないと思います。

コメントを残す