大雪と餅つき

 昨夜から降り出した雪は、北海道中に降り積もり、中標津でも約40センチ積もりました。
 心配した猛吹雪にはならずに済みましたが、交通網はずたずた。
 朝から除雪機はフル稼働で、12月もまだ10日残している中でのこれ程の積雪は記録的と言うこと。
 夏、雨が多く不順な天候が多かったので冬は少雪になると思っていましたが、1年の降水量は大体決まっているという自説は見事に外れました。
 そんな中でも12月23日の恒例となっているお寺(開光寺)での餅つきが行われました。
 青年部主催で子供達がお寺に来る機会を作ろうと始めた行事ですが、元青年の方達が張り切って、若い人が入る余地が無くなりそうです。
 今年も一日1日と少なくなっています。

コメントを残す