北方領土現地調査

 北海道議会北方領土特別委員会の道内現地調査で、今日から根室管内に入りました。
 道の駅に寄った後、羅臼北方領土展望塔に雪、丁度午後3時の、イカつり外航船の一斉出漁を見ることが出来た後、元島民や、青年部(2世)の団体代表などから、返還運動への期待や意見、4町の町長さん達からは、隣接地域の振興などについての意見を伺いました。
 この中では、特に返還後のグランドデザインを作って置く必要や、運動後継者となる若い人への働きかけの悩みなども語られました。
 隣接地域振興の一貫として計画した特産品販売に合わせての返還署名が、政治活動と見なされてデパートに断られ会場など計画の見直しを余儀なくされたなどの事例も語られました。
 まだまだ、国民共通の願いにはなっていないことを痛感しました。

コメントを残す